整体で身長が伸ばせる!?その理由をまとめてみた結果

1.整体で身長は伸ばせる?伸ばせない?

整体で身長が伸ばせるのか?調査した結果分かったことをご紹介します。整体と聞くと矯正しても一時的なもので寝て起きたら元に戻るというイメージを持つ方は多いと思います。

よくあるのがテレビ番組で行われる小顔の矯正ですよね。矯正前と矯正後の写真を比べてみると矯正後の顔のほうが小さくはなってるけど「次の日に絶対元に戻ってるだろ!」って突っこみたくなりますよね。今回は整体師さんの知見を元に身長が伸ばせるかどうかをお伝えしますのでぜひ参考にしてください。

1-1.整体で身長は伸びるの?

結論から言いますと整体で身長を伸ばすことは可能です。整体で身長が伸びる主となる要素は姿勢です。整体によって姿勢の悪い猫背を矯正して背骨を正常に戻すことができれば身長を伸ばすことができます。ですので、元々姿勢が正しく整っている人は整体では身長を伸ばすことは残念ながらできません。

背骨のS字が強調されている方や猫背の方を姿勢を矯正して正しい位置に戻すと2cm前後は身長を伸ばすことができるとのことです。ただし、やはり矯正した姿勢は意識して保たないとすぐ元に戻ってしまいます。なので、日頃から正しい姿勢を意識した生活を送っていかないと伸びた身長を維持することはできません。

1-2.姿勢以外の身長が伸びる要素

姿勢以外の身長が伸びる要素としてはO脚、X脚がひどい場合や股関節、足関節に異常がある場合も矯正することで身長が伸びることがあります。ただし、矯正したらすぐに改善するという訳ではありません。

これらの異常が出た原因を見つけて生活レベルから改善していく必要があります。なので、簡単には身長が伸びるというものではありません。ですが将来的に身長が低くなるのを防ぐという観点からすると意味のある施術といえると思います。

1-3.伸ばすために必要なこと

お子様の身長を伸ばすためには、どういった食事を取ればいいのか、有効なトレーニング方法は無いかなど気になるお母さん方は多いと思います。ですが、本当に大切なのは「身長の伸びを阻害させない」ことです。

昔と比べて近年は生活環境が改善されたこともあって遺伝的な要素が強くなければ自然に身長は高くなっていきます。運動に関して言えばジョギングや縄跳び、バスケットボール、バレーボールなどを行っていれば体は順応して身長が伸びていきます。

1-4.身長の伸びを阻害させる行為とは?

身長の伸びを阻害させる行為とは成長期に過度な練習トレーニングを行わないことです。成長期に身体に無理な負担をかけると無駄に筋肉が付くことによって骨が伸びにくくなります。また、ケガによって骨を変形させてしまうこともあるので身長の伸びを妨げてしまいます。

骨の変形については体質的な要因もありますが栄養をしっかり摂って適度な運動をすることで十分防ぐことができます。問題なのはそれ以上に無理な運動をしてしまうことです。

お子様の身長を伸ばしてあげたい場合は成長期の小学生、中学生の時期で無理は運動は絶対に避けてください。ダンベルなどの重い器具を使ったトレーニングも必要ありません。

1-5.最後に

整体で身長が伸ばせるのか!?その理由についてご紹介しました。整体によって身長は伸ばせるものの根本にあるのは背骨をピンと伸ばした正しい姿勢を作ることです。中には椎間板の水分量を変えて一時的に身長を伸ばすという矯正方法もあるようですが一過性に過ぎません。

やはり整体で身長を伸ばすというのは一筋縄ではいかないようですね。それを踏まえた上で前途でお伝えした身長を伸ばすのを阻害させる行為も参考にしていただいてお子様の成長にお役立てください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする