子どもの身長が低い原因は?

1.子どもの身長が低い原因と症状について

子どもの身長が低いと運動の面で不利になったりイジられたりと将来的にあまり良いことはありません。その身長が低い原因はどのようなことが考えられるのでしょうか。専門的な知見の元に身長が低い原因についてご紹介します。

1-1.子どもの身長が低い原因

子どもの身長が低い原因は病気のほかに体質的な要因もあり様々な可能性が考えられます。特に以下の成長障害の場合は早期発見が求められます。

・ホルモン分泌不全
脳の下垂体から分泌される成長ホルモンが脳に何かしらの異常がみられた場合に十分な量の分泌がされなるため成長が阻害されてしまいます。また、甲状腺ホルモンの分泌量も不足すると体の様々な機能が低下して成長障害を起こしてしまいます。

・染色体の異常(ターナー症候群)
女児に多く見られる成長障害の1つで性染色体異常とも呼ばれます。低身長のほかに肥満や学習障害を伴うケースがみられます。成長ホルモンの治療によって成長を促進することができます。

・SGA性低身長
身長と体重が100人のうち後ろから10人の子どもを対象にSGAと診断されます。その対象者が2~3歳までに成長が追いつかない場合はSGA性低身長と判断されます。

SGA性低身長かどうか見極めるためには1年間の成長記録を見て標準の身長とどれくらい離れていてどのくらい成長しているかなどを比較して判断する必要があります。主に成長ホルモンの治療によって成長促進を施します。

・軟骨無形成症
染色体の異常によって起こる病気で顔つきや手足が短いといった特徴があります。治療法は骨延長手術などが施されます。

・臓器の病気
心臓、肝臓、消火器官などに重い病気があると体内に十分な栄養を取り入れることができなくなるため身長が伸びにくくなります。成長障害の検査で隠れていた臓器の病気が発見されることもあるのでそういう意味でも早期検査が求められます。

・心理社会的な要因(愛情遮断症候群など)
心理社会的要因は主に精神的なストレスを受けることによって成長ホルモンの分泌が低下して成長を妨げます。そのほかに食欲低下、不眠症、血行不良による栄養不足なども心理社会的要因による成長障害と区別されます。また、親からの愛情が充分に受けられないことが原因で起こる愛情遮断症候群も精神的なストレスを招いて成長障害に繋がります。

・病気以外の成長障害
体質的に思春期が遅れてやってくる思春期遅発症や成長がゆっくりしているなどの体質性低身長、両親のどちらかの身長が低いといった遺伝的な要因の家族性低身長などがあります。

1-2.早期発見が大切です

ホルモン分泌不全については成長ホルモンと甲状腺ホルモンが不足することにって起こりますが、早期治療することで完治することも可能です。そのほかに染色体の異常やSGA性低身長、臓器の病気など成長障害の原因は非常に多岐に渡ります。

成長障害かどうかを見極めるにはやはり医師のもと検査する必要があります。原因によっては治療が必要になりますが早期に発見できた場合は完治が早いなどメリットは大きいです。ですので、お子様の身長が低いと不安をお持ちでしたら早めに病院での診断を検討してください。

1-3.最後に

ここまで子供の身長が低い原因についてご紹介しました。今回ご紹介した成長障害以外に栄養不足が原因で身長が低くなってしまうケースもあります。いくら体が健康でも骨が伸ばすための栄養が不足していたら身長はなかなか伸びてくれません。日頃の栄養バランスの取れた食事やお子様の好き嫌いに懸念材料がある場合は成長サプリなどをうまく活用して栄養不足にならないように成長をサポートしてあげてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする