身長の伸ばし方で必要な要素と取り組むべきストレッチ法とは?

1.身長の伸ばし方で必要な要素と有効なストレッチ法

身長の伸ばし方で必要な要素と有効なストレッチ方についてご紹介します。身長が低くて伸ばしたいとお悩みのお子さんはとても多いと思いますがアプローチ方法を間違ってしまうとあまり効果的に作用してくれません。なので、身長を伸ばすのに必要な要素とストレッチ方をここでしっかり知識として取り入れてお子様の成長にお役立てください。

まずは、身長が伸びるメカニズムについて解説していきます。身長の伸ばし方を覚える上でそのメカニズムを知れば理由が明確になるので実践しやすくなります。

1-1.身長が伸びるメカニズム

骨が伸びると身長も当然伸びるということはご理解いただいていると思います。骨が伸びる部分は骨の端にある骨端軟骨と呼ばれています。その骨端軟骨は「成長ホルモン」が分泌されるとグングンと伸びていきます。つまり、成長ホルモンの分泌が身長を伸ばすために必要な要素ということになります。

1-2.成長ホルモンがもっとも分泌されるのは?

成長ホルモンがもっとも分泌されるのが「睡眠」です。寝る子は育つと昔の人から良く聞きましたが科学的にも証明されています。睡眠中は成長ホルモンがたくさん分泌されるので骨の成長を促進させます。

成長ホルモンが一番分泌されるタイミングは入眠してから3時間のあいだです。そのあとは緩やかに分泌量が減っていきます。ただし、睡眠中はずっと成長ホルモンが分泌され続けているので睡眠時間が短いと十分ではありません。

1-3.身長の伸ばし方で有効なストレッチ法

ストレッチを行うと体に良い刺激が伝わって脳が成長ホルモンの分泌を促し身長を伸ばしてくれます。

・ストレッチその1
ゆがんた姿勢を整えて新陳代謝を高めることができます。
STEP1
仰向けになってください。
STEP2
両手を頭の上に伸ばして両手を組みます。このとき両手が頭側にくるようにしてください。
STEP3
手の先を見ながら腕と首を伸ばします。このときつま先も伸ばしてください。
STEP4
全身の力をゆっくりと抜いてください。
STEP5
この一連の動作を5回繰り返してください。

・ストレッチその2
ゆがんだ姿勢を整えて背骨に加わった体重の負担を解消します。
STEP1
うつぶせになります。
STEP2
全身の力を抜いてください。
STEP3
指先を伸ばして左右の腕を横に広げてください。
STEP4
足を揃えてつま先を伸ばします。この状態のまま後ろに反り返ってください。
STEP5
あごを上げて首を伸ばし両手も上げてください。
STEP6
最初のうつぶせの状態に戻します。
STEP7
一連の動作を5回繰り返してください。

・ストレッチその3
成長ホルモンを分泌させる効果があります。
STEP1
立ってください。
STEP2
両目を閉じてリラックスします。
STEP3
花が芽を出すのをイメージして、その芽がどんどん伸びていくのをイメージします。
STEP4
両手のひらを合わせてそのままバンザイの格好をしてください。
STEP5
バンザイの状態で指先が天に届くようにイメージしてください。
STEP6
状態をキープして深呼吸してください。1日1回行ってください。

1-4.最後に

身長の伸ばし方で必要な要素と有効なストレッチ法についてお伝えしましたがいかがでしたか?身長の伸ばし方でもっとも必要な要素は間違いなく「成長ホルモン」の分泌です。その成長ホルモンがもっとも分泌されるのが先人が伝える寝る子は育つの通り睡眠です。

また、寝室の環境が悪いと睡眠を妨げることになりかねないので途中で目が覚めないような工夫も必要になってきます。間違っても隣の部屋から明かりが差し込んだり、せんべいをバリバリと食べてお子様の睡眠を阻害することのないようにしましょうね。

せっかくバランスの取れた食事を食べさせてあげたとしても成長にあまり貢献してくれなかったらさみしいですからね。これらを踏まえて今回お伝えしたストレッチ法を取り組んでお子様の成長を支えてあげてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする