身長は遺伝する?子供に大きく育って欲しい時にすべき3つのこと

1.身長と遺伝の関係性は?子どもが大きく育つために大切な3つ

「身長は遺伝で決まっているのでは?」と思っている方は多いのではないでしょうか。たしかに生まれた時から小さくて以降もずっと身長が低い子どもはいるかもしれません。

身長を決める要素として遺伝も考えられますが、最新の研究ではそれはほんの僅かだと言われています。今回は身長と遺伝の関係性についてと子どもに大きく育ってもらうために大切な3つのことをお伝えしていきます。

1-1.身長と遺伝の関係性

遺伝は必ずしも全ての形質が親から子どもへ伝わるものではありません。遺伝については両親の身長が低いから子どもの身長も低いというのは結果として正解のように思えます。ですが、逆に両親が小さいのに子どもが大きいという結果も無数に存在しているというのも事実です。

なので必ずしも遺伝で身長の高さが決まるということはありません。遺伝の形質が先天的に受け継がれるのは髪や肌の色といった人種的な特徴だけという認識で間違いないと思います。あとスポーツで後に開花しやすいといった気まぐれな要素しかありません。なお、最新の研究では遺伝が身長に与える影響は25%程度しか無いと言われています。

1-2.身長を決める要素とは?

前途で身長を決める遺伝の割合は25%とお伝えしました。あと残りの75%は後天的な「食事」「運動」「睡眠」の3つの要素が起因して決まると言われています。よく身長が高い家族と身長が低い家族を近所やテレビで見かけることがあると思います。こういったケースは遺伝が関係しているように思えますが食べ物の好き嫌いといったベースが一緒になるので食事がある程度似てきます。

そのほかに考えられるのが早寝早起き、間食しない、一緒に運動をするなどです。また、統計によると集合住宅と一軒家の住居環境も身長に関係していると言われています。騒音を気にせず部屋で動き回れるので集合住宅よりも一軒家のほうが身長が高くなる傾向にあるそうです。こういった細かい要素がいくつも積み重なって身長の高い低いを分かち合います。

1-3.子どもに大きく育って欲しい時にすべき3つのこと

遺伝の25%身長が決定するとしても、その最大値に到達するには以下の3つを意識する必要があります。

1.バランスの取れた食事
バランスの取れた食事は身長を伸ばす上ではとても重要です。身長を伸ばすには様々な栄養素が必要ですが特に骨の形成に必要なカルシウムは硫黄、リン、マグネシウムと一緒に摂取しないと体内へ吸収されません。さらに、ビタミンDを一緒に摂ると吸収率が良くなるといった相互作用が起こるので無駄なく栄養を取り込めます。

2,適度な運動
運動をすると骨に負荷が掛かり細胞分裂が活性化されて伸びていきます。

3,質の良い睡眠
骨を伸ばすのに必要な成長ホルモンの分泌がもっとも活性化されるのが睡眠です。特に睡眠に入ってから3時間は成長ホルモンの分泌量が一番出ているので、途中で寝覚めてしまうことのないような環境作りも大切です。

1-4.最後に

身長と遺伝の関係性と大きく育つために大切な3つのことをお伝えしました。大きく育つために大切な3つのうち運動と睡眠はお子様次第ということになりますが、食事に関してはお母さんの手に掛かってきます。

バランスの取れた食事の準備を毎日するのが大変という場合はセノビックなど牛乳と一緒に飲むタイプのカルシウムサプリをうまく活用してください。牛乳にはカルシウムの吸収に必要なリン、硫黄、マグネシウムが含まれていますしセノビックには吸収を助けるビタミンDが配合されているのでおすすめのサプリです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする