セノビックの評判は嘘?人気成長応援絵飲料を調べてみた。

1.セノビックの評判は嘘なの?その真相とは・・・

セノビックの評判は嘘なのか本当なのか調べてみてわかったことをお伝えしていきます。セノビックを実際にお子様に飲ませてみたお母さん方の声を聞いてみると「半年で10cmも伸びた」という声がある一方で「全く伸びなかった」という両極端の意見があります。

これは、どっちが嘘か本当かという判断はとても難しいですがセノビックには身長を伸ばすために必要なカルシウムが含まれているという事実は間違いありません。今回はセノビックの評判が嘘なのか本当なのか調べてみて分かったことを次より解説していきます。

1-1.セノビックの評判は嘘と言われる理由

セノビックを飲んでも効果を実感できなかったからこそ評判が嘘という意見が出るのだと思います。なので、セノビックを飲んでも効果を実感できない3つのケースをご紹介しておきます。

1,成長期を過ぎて骨端線が閉じてしまっている。
2,普段の食事を疎かししてしまっている。
3,運動、睡眠の2つを疎かししている。

以上の3つにもし該当するようでしたらセノビックを飲んでも効果を実感できないので購入するのは止めておきましょう。では、順を追って詳しく解説していきます。

1-2.成長期を過ぎて骨端線が閉じてしまっている。

成長期の期間は一般的に思春期を迎えた3~4年を指します。年齢的には男の子の場合は13~18歳くらいまで、女の子は 12歳~16歳くらいまでということになります。そして、医学的な知見では骨が伸びる骨端線が残っている年齢は男の子は18歳まで、女の子は16歳までと言われています。

つまり、男の子は18歳くらいで女の子は16歳で身長が止まってしまうということです。もちろん個体差によって年齢は多少ズレが起こりますが一般的にはこの年齢で身長が止まるとされています。いずれにしても骨が伸びる骨端線が閉じてしまうとセノビックをがんばって飲んでも身長が伸びないので諦めるしかありません。

1-3.普段の食事を疎かししてしまっている。

セノビックは栄養補助食品としての役割でしかないため、普段の食事を疎かにしてしまっては骨を伸ばすために必要な栄養が不足してしまいます。骨を伸ばすのに必要な栄養素はたんぱく質と骨密度を増やすしてくれるカルシウムの2つです。

この2つの栄養素の吸収と骨への合成を助けてくれるのがそれ以外の様々な栄養素の役割になります。つまり、セノビックだけに頼るのではなく普段の食事でも栄養バランスを考えないと身長を最大限まで伸ばしてあげるのは難しいということです。

たんぱく質は肉、魚、乳製品、卵、大豆食品などに豊富に含まれており、カルシウムは魚やチーズ、油揚げなどに豊富に含まれます。たんぱく質とカルシウムを豊富に含む食材に加えて野菜や果物も一緒に食べることで吸収を高めて骨に合成しやすくなります。

1-4.運動、睡眠の2つを疎かししている。

運動をすることによって骨に適度な刺激が加わって取り入れた栄養が骨を育ててくれます。睡眠は骨を伸ばしてくれる成長ホルモンがもっとも分泌されるので寝不足が続くと十分に骨が伸びてくれません。運動と睡眠どちらか1つでも疎かにしてしまうとセノビックを飲んだとしても十分に効果を実感することはできません。

1-5.最後に

ここまで「セノビックの評判は嘘?」についてお伝えしました。セノビックの評判が嘘か?本当か?という結論はあなたのお子様の年齢や生活環境により変わります。今回ご紹介した3つをしっかり認識してセノビックを活用していただければ良い評判通りの効果を実感することができますよ。

→ ロート製薬『セノビック』の詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする