セノビックなら十分なカルシウムを摂取できる?子供の成長に役立つの?

1.セノビックは十分にカルシウムを摂取できる?できない?

セノビックは成長期に必要な栄養素を摂取できるので子供にはうれしい成長期応援飲料です。そのセノビックの主成分といえばカルシウムです。カルシウムは骨や歯を形成するのに必要な栄養素なので成長期に摂取することはとても大切です。

逆にカルシウムが不足してしまうと骨や歯を丈夫に形成できなくなるので成長を弊害させてしまう恐れがあります。では、セノビックでカルシウムを十分に摂取することができるのでしょうか?今回はセノビックでカルシウムを十分に摂取することができるのか?子供の成長にどのように役立つのかをご紹介していきます。

1-1.セノビックに含まれるカルシウムの量

セノビックは1日2回牛乳150mlにセノビック10gを混ぜて飲むのが目安になります。牛乳は150mlでカルシウムを165mg、セノビックは10gで130gを摂取することができます。これを2杯飲むことになるので足して2で掛けます。

・セノビックを1日2杯飲むと摂取できるカルシウムの量
130mg+165mg=295mg
295mg×2杯=590mg

セノビックを牛乳に混ぜて飲むとカルシウムを1日590mg摂取することができます。では、厚生労働量が発表しているカルシウムの摂取基準値と見比べてみましょう。

3~5歳 570mg
6~7歳 630mg
8~9歳 750gm
10~11歳 950mg
12~14歳 900mg
15~17歳 900mg
18~29歳 800mg
※セノビックの摂取量590mg

以上の表の数値は男女平均の目安量です。3~5歳を見てみると20mgオーバーしていますが上限量は1日2300mgですので問題ありません。この表だと小学低学年の子供はセノビックでカルシウムを目安量に近いところまで満たすことができるので十分です。

小学高学年になると目安量の半分ぐらいになるのでセノビックだけに頼るのはいけないというのが分かります。普段の食事は大切でセノビックは補助的な役割ということがハッキリと分かる結果になりました。

1-2.セノビックは子供の成長にどう役立つの?

セノビックで摂取できるカルシウムは日本人が潜在的に不足している栄養素の一つと言われています。カルシウムは冒頭でお伝えした骨と歯を形成するだけではなく、高血圧の予防やイライラを解消する効果があります。また、カルシウムは単体で摂っても吸収してくれません。

硫黄、リン、マグネシウムの3つの成分と一緒に摂らないと吸収されずに外へ排出されてしまいます。牛乳にはこの3つの成分が含まれているため、セノビックと一緒に混ぜて飲むことでしっかりと吸収することができます。さらに、セノビックにはカルシウムの吸収を助けてくれるビタミンDがたっぷり配合されているので無駄なく吸収することができますよ。

1-3.最後に

ここまでセノビックから摂取できるカルシウムの量と子供の成長にどう役立つのかをお伝えしました。セノビックの主成分はカルシウムということをお伝えしましたが、実は鉄分も豊富に含まれています。鉄分は赤血球を生成する成分で全身に栄養を運搬する働きを持っています。

だから疲れやすい、だるい、めまいがするといった貧血の症状を予防・改善してくれます。運動や勉強をするときはどうしても疲労がつきものなのでセノビックを飲んで元気を出してもらってください。元気になれば集中力が途切れなくなるので勉強も他のライバルよりも頑張れるようになって成績がグンッと上がりますよ。

→ ロート製薬『セノビック』の詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする