セノビックを飲むと便秘に影響がでる?成分から考える。

1.セノビックを飲むと便秘に影響がでるって本当なの?

セノビックを飲んだら身長が伸びたという喜びの声が多く寄せられていますが、便秘も解消したという声も中にはあるようです。セノビックに含まれる成分に便秘に良いものが入っているのか気になったので調査してみました。セノビックに含まれる成分と便秘の関係性について今からご紹介していきます。

1-1.セノビックに含まれる成分と便秘の関係性

セノビックの主成分はカルシウム、ビタミンD、鉄分、卵黄ペプチドの4つです。便秘に良い成分というと食物繊維を思い浮かびますがその類のものは含まれていませんでした。

そこで、セノビックは一度横に置いておいて一緒に飲む牛乳に注目してみました。朝起きて冷たい牛乳を飲むと便秘解消に効くと聞いたことがあると思いますがこれは本当です。朝起きてすぐの腸は不活性化の状態なので冷たい牛乳を飲むと蠕動運動が起きて便意を感じやすくなります。さらに、牛乳には腸内環境を良くしてくれる善玉菌を作り出すオリゴ糖や乳糖を多く含まれています。

腸内環境が悪いと便秘のほかに重度な病気を招きやすくなるのでそういう意味では牛乳はとても優れた飲み物ということが言えますね。ですので、セノビックが便秘に効くというよりは牛乳が便秘解消に一役買っているという結論になります。セノビックは1日2回飲むのが目安になっているのでお子様が便秘でお悩みの場合は朝一のセノビックをおすすめします。

1-2.牛乳で下痢になるお子様へ

牛乳を飲んだらお腹をくだして下痢になってしまうという声をよく聞くと思います。お腹をくだして下痢のような症状を起こしてしまうのはどういった作用が働いているのでしょうか?この原因は乳糖不耐症といって牛乳に含まれる乳糖を分解するための酵素が少ないためです。

乳糖を分解するために必要が酵素は個人差があるため牛乳を飲んでも全然平気な人と下痢になってしまう人とどうしても分かれてしまいます。日本人は特に乳糖不耐症になりやすいと言われているので仕方がないことなのかもしれません。なので、セノビックを飲んで毎回下痢を起こすようなら無理に牛乳と混ぜて一緒に混ぜて飲む必要はありません。

その場合の対処法は1日2回のうち1回だけ牛乳の代わりに乳糖が少ない「ヨーグルト」と一緒にセノビックを混ぜて食べさせてあげてください。残りの1回は牛乳を少し減らして一緒に混ぜて飲ませてあげると乳糖不耐症は改善されていきますよ。このように牛乳を毎日少しずつ飲ませてあげることが乳糖不耐症の改善にとても大切になります。

1-3.まとめ

今回の記事のまとめになります。

・牛乳を朝一に飲むと蠕動運動によって便意を感じやすくなり便秘解消になる。

・牛乳を飲むと下痢になるお子様は乳糖不耐症の可能性が高いので1日2回のうち1回はヨーグルトにしてください。あと残りの1回は牛乳の量を目安よりも少し減らしてセノビックと混ぜて徐々に慣れさせて乳糖不耐症を改善してあげます。

セノビックと一緒に飲む牛乳に便秘解消の効果があるというのは意外な発見でした。お子様の下痢も心配ですが徐々に慣れさせてあげれば成長とともに改善していくのでぜひ今回の記事を参考にしてお子様の健康サポートにお役立て下さい。

→ ロート製薬『セノビック』の詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする